出戻りしたいけど、ぽっちゃりになってしまったら難しい?

お悩み系

もう、このお店で働く事は無いだろうと思って卒業したものの、しばらくしてまた働きたくなったなんて例はよくあります。
これを出戻りと言いますが、スタイルがかつてと比べてぽっちゃりしてしまった場合は難しくなってしまうのでしょうか?
以前と殆んど変わらない体型なら復帰もしやすそうですが、太ってしまった場合は断られてしまいそうな気もします。

結果がどうなるかはお店次第ですが、ある程度であれば結果を予測する事も可能です。

ちょっとだけなら問題ありません

まず大前提として分かっておいた方がいいのは、出戻り自体はお店側としては大歓迎という事です。

もちろん、お店の事情もありますから、人が余って仕方がないなんて所もあるでしょうけど、全体的には歓迎されると考えておいてください。
それぐらいこの業界というのは人手が足りていません。
未経験ではなくて、そのお店で実際に働いたことがある訳ですから、即戦力として温かく迎え入れてくれる事になるでしょう。
ですが、今回はスタイルが以前と比べてぽっちゃりしてしまっているという違いがあります。

確かに、これ自体はマイナス要素になってしまうでしょう。
太っているよりも平均か、それよりやや少ないくらいの体重の女の子の方が評価されやすいです。
ただ、ぽっちゃりの程度によって変わってきますから、それによっては殆ど影響しないという事も考えられます。
実際に何キロくらい変わったかが重要になってきますから、それをまず把握してください。

5キロくらい太ったとすると、殆んど影響は無いと言えます。
見た感じでも、少し太ったかも…と思われる程度でしょう。
これぐらいならお客さんとしても許容範囲です。
ただ、10キロとか15キロというレベルになってしまうと無視する事ができなくなってきます。

こうなると、ぽっちゃりを通り越してデブの領域になってしまいますから、お店側としても採用を躊躇してしまう事になります。
場合によっては見送ることも考えられるでしょう。
とは言え、かつての仕事仲間ですから、それなりの情もあります。
それぐらいの体重でも採用されるという可能性は十分にありますから、とにかく問い合わせをしておきましょう。

ダイエットについては可能な範囲内でしておいてください。
やはり美しさがモノを言う業界ですから、本人の努力というのは欠かす事ができません。
接客のレベルが高ければ関係ないと言う人もいますが、やはり見た目は無視できないです。
今現在風俗の仕事をしていないという女の子も、いつ復帰しなくてはいけない状況に追い込まれるか分からないですから、体重はある程度キープしておいた方がいいでしょう。

もう二度とお店に戻ることは無いだろうと思っていても、何年か後に同じ事を考えているとは限りません。
その時に、全盛期に近い状態に戻しやすいスタイルであれば理想的です。
プラス5キロ以内にしておくとか、体重の増加はある程度制限しておいてください。

体質的に太りやすいなら要注意

特に何の努力もしなくても体重をキープする事ができる女の子もいます。
その場合は問題ないですが、注意しなくてはいけないのは、普通に食事をしているだけでも太ってしまうタイプの女の子です。
そういう人達も一定割合で存在しています。

自分が該当するなら、体重の増加に気を配っておかなくてはいけません。
太りやすいかどうかというのは現在の体型を見ることによって、ある程度は判断する事ができます。
それは自分自身でも何となく理解されているのではないでしょうか?
ほったらかしておくとブクブク太ってきそうな感じがする…という予感は間違いではない事が多いです。

他の女の子よりも食事量を少なくする等の対策が必要になってくるでしょう。
どうしても食べるのを我慢したくないなら、とにかく早く出戻りをしてお金を稼ぎましょう
生活するのに十分なお金を稼いでおけば、自分自身の体重が何キロであっても問題ありません。

まとめ

かつて働いていたお店に出戻りするのは珍しくとも何ともありません。
それ自体はよくある事ですが、体型がぽっちゃりになってしまっているケースでというのは、そこまで多くないでしょう。
即戦力として店側としても採用していきたい所ですが、ぽっちゃりも限度を超えてしまっている場合は、どうなるか分かりません。

5キロ程度の増量であれば問題ないですが、それを上回るレベルになってしまえば不採用になってしまう事も考えられます。
結局、お店の担当者の判断ですから、連絡をして自分の姿を見てもらうという事が大切です。
大抵の場合は大丈夫ですから、そこまで不安に思う必要は無いでしょう。
何れにしても体重の増加には注意しておかなくてはいけません。

元々の体質が太りやすいなら特にそうしておくべきです。
がむしゃらに頑張ればいい業界ではなくて、美しさが求められますから、その状態をどうにかしてキープしましょう。
美人が得をするのが風俗の世界です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました