会話力が優れていれば、ぽっちゃりでも本指名されます!

お悩み系

ぽっちゃりだと、その時点で幾らかのハンデを背負っているに等しいです。
そのマイナスをカバーする手段として会話を重視していただきたいです。
実際に体を動かしてプレイをしている時間もそれなりにありますけど、それよりも会話をしている時間の方が長いなんて事が多いです。

人間関係を円滑にする事ができる人というのは例外なく会話力に優れています。
見た目の改善はもちろんですが、こういった部分も伸ばしていくようにしてください。

色々なことに興味を持とう

いくら会話が大切だからといって、自分勝手な内容を喋ってばかりいては、お客さんからも呆れられてしまうでしょう。
お友達と会話をしている訳ではないですから、ここはよく考えておかなくてはいけません。
基本的には、お客さん側に合わせるようにしましょう。
相手が何か言いたい事があるなら、そこから話を広げていくようにしてください。

こちら側が主導するやり方だと、大抵の場合失敗してしまう事になります。
皆さんは女性でお客さんは男性です。
同性同士であれば比較的共通の趣味などを見つけていきやすい訳ですが、性別が異なるために、そこが上手くいかない事が多いです。
例えば、男性はテレビゲームやマンガ、格闘技など、そういった事に興味を持つことが多いですが、女の子はそういった遊びについてあまり関心がなかったりします。

ここで大切になるのは、その様なよく知らない分野への興味関心をできるだけ持つようにするという事です。
これは何なんだろう?
という感じで、色々な事を調べてみてください。
昔はこういった事を調べるのも一苦労でしたけど、今はネットがありますから、スマホの画面をタップするだけである程度の事は分かる様になっています。

これを活かしていくようにしましょう。
ただし、際限なく内容を読み続けていくのは止めておいてください。
何でもそうですが、全てを知るという事は時間的に難しいです。
どこかで切り上げるようにしておきましょう。

男性客サイドからすると、どうせ自分の趣味なんて分かっていないだろうという目つきで、ぽっちゃり嬢を見ている事が多いです。
だからこそ、それなりに内容について知っていれば喜んでくれます。
ネットで収集した知識だけでは十分ではないでしょうから、足りない分はお客さんの発言を参考にして補うようにしてください。
この業界で働く事によって、今まで全く関心の無かった分野に興味を持つという事がよくあります。

あえて注意した方がいい事があるとすれば、お客さんより詳しくなり過ぎない様にするという事くらいでしょう。
鼻に付くという表現がありますが、その様になってしまっては、お客さんの機嫌を損ねる結果になってしまいます。
あくまでも気分良くさせるのが接客ですから、それは忘れないでください。
会話が盛り上がってくるとつい忘れてしまいがちなポイントですから、興奮している時でも、どこかで冷静さを保つようにしておきましょう。

良い人だなと思ってもらう

世の中は見た目で判断をする人たちがとても多いです。
それは仕方がないですが、一見すると魅力的な容姿ではない人たちでも、それなりに人気を得ているというケースがあります。

そういう人達に改めて注目してみると、口が達者であるという事が多いです。
口は災いの元なんて言葉もありますけど、それ以上に人を引きつける力があります。
これに優れていれば、お客さんから良い人だなと思ってもらえる確率が高くなります。
数分しかプレイ時間がないなら、自分をアピールするチャンスも殆んどないという事になってしまいますが、実際の接客においては短くても30分、長ければ数時間も与えられる事になりますから、お客さんと十分なコミュニケーションを図ることができる様になっています。

与えられた時間をしっかり活かしていきましょう。
早く時間が過ぎればいいのに…と思っている様では二流です。
楽しくて時間が早く過ぎてしまう様になれば一流ですから、その状態を目指してください。

まとめ

ぽっちゃり美人もいますけど、多くはそうではありません。
太っている状態はそれだけでマイナス評価になってしまう事が多いです。
ここから挽回するための有効な手段として、会話を上手く使っていきたい所です。

自分ではなくて、お客さんの興味がありそうな事をネットで調べておきましょう。
ほんのちょっとの知識でも十分に会話の役に立ちます。
スマホ1つで簡単に調べられますから、これを使わないのは勿体ないです。
見た目はともかくとして、何となくいい人だなと会話の中で感じ取ってもらえれば理想的な展開です。

今後の再指名も期待する事ができるでしょう。
どうせ無理だろうなと諦めてしまっては、結果もその通りになってしまいます。
お客さんとの会話をできるだけ楽しむようにしてください。
プレイが苦痛に感じているという様ではいけません。

自分自身でも楽しいと感じられるようになれば、お客さんも同じような気持ちになってくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました