パネル写真では修整して、ぽっちゃり体型を隠した方がいい?

お悩み系

お客さんがパネル写真を見ずに指名するという事は殆どありません。
まずは、こちらに目をやる事になりますから、その重要性は極めて高いという事になるでしょう。
この際、自身の体型がぽっちゃりしている場合は修正等して隠しておいた方がいいか、それとも、ありのままの姿を見せた方がいいのでしょうか?

悩みどころですが、今後の集客にかなり影響してきますから注意しておきましょう。
写真の出来次第で指名数はかなり変わってきます。

画像の加工は不自然になりがち

ぽっちゃりしているよりも痩せ型の方が見栄えがいいからという理由で、実際の姿よりも細く加工したがる女の子が多いです。
今はパソコンを使って簡単に修正する事ができますから、ほんの数分もしない内に細く見せることができます。
一見するといいことだらけですが、そんなに都合の良い話ばかりではありません。
CGで加工した写真というのは、どうしても違和感が生じてしまいます。

人工的な美しさに対して拒否反応を示す男性は少なくありません。
元々のスタイルが細身でない訳ですから、変に見えてしまうのも当たり前でしょう。
これはCGによる加工だけではなくて、美容整形についても同様の事が言えます。
本来は一重の目元なのに、それを無理やり切開等して広げて二重にすることがありますが、こちらもやはり違和感が出てしまいます。

確かに目元が大きくなっていますが、言葉にしがたい不自然さが滲み出てしまう訳です。
この辺りのマイナス面をどこまで許容できるかがポイントになってきます。
少しくらいならまだしも、一定のレベルを超えてしまっているなら修正も程々にしておいた方がいいでしょう。
その方がお客さんから見た時の印象が良くなるからです。

どうしてもぽっちゃりを隠しておきたいなら、CGに頼らない方法で頑張ってみましょう。
具体的に言えば、タオル等でお腹周りを隠すという感じです。
明らかに隠している感が出てしまいますが、これによってCGによる不自然さそのものは無くすことができます。
ぽっちゃりの程度が軽いなら、腕をお腹の前に持っていくとか、それだけでも十分な対策になります。

隠し方にしてもその方法は沢山ありますから、好みの物を選択しておくといいでしょう。
上からのアングルにする事によって、お腹を目立たなくさせるなんて撮影の仕方もあります。
昔はフィルムが貴重でしたから、何枚も写真を撮影するという事はできませんでしたが、今はデジタルカメラですから、何百枚でも撮影する事ができます。
その中から最もマシに見えるものを選んでおくといいでしょう。

ただし、いくら見栄えが良いと言っても、本人と同一人物であるか疑わしいようなレベルのパネル写真ではいけません。
そんな事をすれば、お客さんからクレームが入ることもあり得るからです。
ここまでなら大丈夫だろうというラインがありますから、それを越えてしまわない様に注意してください。
写真でお客さんを期待させ過ぎると、反動でガッカリしやすくなってしまいます。

全く隠さないという選択もあります

下手に隠すのではなくて、そのままの自分の姿をお客さんに見てもらうのも1つの考え方です。
見栄えについては良くないですが、嘘をついている訳ではありませんから、そういう意味で罪悪感を感じなくて済むというメリットがあります。

指名するお客さんの数が少なくなってしまうかどうかが気になりますが、これはかなり微妙です。
本人の元々の体型が関係してきますから、増えるか減るかは一括りにして言える事ではありません。
ただ、あまり加工していないという事は見れば分かりますから、その事自体については好意的に思ってくれる男性客の方が多いでしょう。
実際に指名されて対面するという段階になった時、パネル写真の加工の度合いが強いと実物とのキャップにガッカリしてしまうなんて事があります。

それと比べると修正していない場合はギャップがありませんから、ガッカリする事態は考えにくいです。
修正しないと決めたら、それをお店側に伝えておいてください。
ただし、こちら側の要望が全て受け入れられるかどうかは微妙です。
その理由ですが、他の女の子との兼ね合いがあるからです。

修正が当たり前になっているお店で自分1人だけが無修正という感じだと、女の子一覧の画像を見た時に不自然さが際立ってしまいます。
ですから、他の女の子と同等か、それに近い加工が行われるという事も十分に考えられる所です。
どれくらいの加工が行われるかについては、お店に在籍をしなくても、店舗サイトを見るだけである程度は把握できます。
これはちょっと激しいなぁ…と思った場合は面接の申し込みをしないという選択もあります。

それとは逆に、元の形とそれ程変わっていなさそうなお店なら、申し込みをしておいてもいいでしょう。
ネットが普及する前はこういった事は分かりませんでしたが、今は誰であってもこういった情報を見ることが可能になっています。
お店側の方針がありますから、無理にこちら側の言い分を通そうとしない方がいいでしょう。
身バレ対策等の理由があって、必要以上に加工をしているお店もあります。

自分に合ったお店は探せば間違いなくありますから、そちらの方で頑張っておいてください。
自分の姿を赤の他人に見られる事になるので恥ずかしさもありますが、常連のお客さんでもない限りは記憶にも残りませんから、あまり意識し過ぎない様にしましょう。

顔は隠しておくのが普通

体を隠しておくかどうかというのは微妙な判断ですけど、顔に関しては隠しておくのが当たり前になっています。
その理由の1つは身バレ対策です。
自分のよく知っている人に、風俗店に勤めていると知られてしまう事態を避けるためにモザイクを掛けておく訳です。
それ以外に、顔を出すことがメリットにならないからという理由もあります。

それなりに美人なら出した方が有利ですが、そうでないなら隠しておいた方が指名に繋がることが多いです。
隠されている部分を見ると自分にとって都合よく解釈をしがちです。
もしかしたら美人かも知れないなという考えが働く訳です。
ですが、完全に素顔を晒してしまえば答えが分かってしまいますから、都合よく解釈してくれなくなります。

ですから、基本的には隠しておいた方がいいでしょう。
もちろん、それ以外の拘りがある場合は別です。
出すにしても隠すにしても、後々の事をしっかり考えた上で対応する様にしてください。

まとめ

欠点は隠した方がいいというのが世の中全体の流れとしてあるのは間違いありません。
それを基準にして考えれば、パソコンを使って細く見せるというのも自然な流れです。
ですが、これには思わぬ落とし穴があります。

加工をする事によって、言葉にし難い違和感が出てしまうことがあるからです。
安易にパソコンを使ったりせずに、ポージングやアングルを工夫するといった対策をしておきましょう。
それだけで幾分マシに見せることができます。
これとは別に全く加工をしない方法もあります。

こちらの方が潔いという見方もできるでしょう。
パッと見た感じでは印象が悪くなってしまいますが、嘘をついている訳ではありませんから、お客さんとしては騙されたと感じずに済みます。
どちらか好みの方を選択しておく様にしましょう。
最後に顔についてですが、こちらは隠しておくのが基本です。

美人ならともかく、平均以下の女の子が顔を晒してしまうのは殆どメリットがありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました