せっかくぽっちゃり店で頑張るなら、客入りのいいお店を選ぼう!

仕事内容

沢山のお客さんが利用しているお店の事を客入りがいいなんて言ったりしますが、これからぽっちゃり店で頑張って働いてみようと考えているなら、こういったお店を選択しておくべきでしょう。
個人の努力が大切なのは当然ですけど、それと同じぐらい環境にも拘っておかなくてはいけません。
どうすればその様なお店を見つける事ができるか説明していきます。

お店探しをするなら、まずこちらの内容を読んでからにしておきましょう。

人が多ければ稼ぎやすいのは当然

自分自身が魅力的であれば、お客さんは指名してくれる様になります。

ですが、それだけで手取りの額が決まってしまう訳ではありません。
それ以前の段階として、お店にどれぐらいのお客さんがやって来ているかというのがポイントになってきます。
例えば、分かりやすい例として田舎と都会の違いを挙げることができます。
田舎は人口密度が低いですから、お店に訪れるお客さんの数自体が、どうしても少なめになってしまいがちです。

その一方で都会にあるお店なら、1時間の間に何人ものお客さんが訪れるなんて事も十分にあり得ます。
どちらで働いた方が自分にとって稼ぎやすいかは言うまでもないでしょう。
ですから、働くにあたってはなるべくお客さんの利用が多いお店を選んでおかなくてはいけません。
店舗型でもそうですし、デリヘルやホテヘルの様な無店舗型のお店でも同じ事が言えます。

まず求人サイトを見て、良さそうなお店がないかどうかを調べてみてください。
元々東京在住とか、そうでなくても引越しする事ができれば理想的です。
しかし、現実はそう簡単ではありません。
自分の住んでいる地域の中から良さそうなお店を選ばざるを得ないのではないでしょうか?

何軒かあったとすると、どれも同じと決めつけてしまいがちですが、それはよくありません。
微妙であったとしても条件の良いお店を探すようにしましょう。
その差は僅かであっても存在していますから、それを見逃してはいけません。
自分自身の魅力が優れていれば、どんなお店で働いたとしても、1年経てば常連のお客さんが大勢いる状態になります。

ですが、これは極めて稀なケースと言わざるを得ません。
自分の力だけでどうにかする事ができる女の子はとても少なく、その多くは環境に頼らざるを得ないですから、お店選びを軽く見ることはできません。
もし、どうしても良さそうな店が見つからないなら、思い切って出稼ぎをするという事も検討してください。
出稼ぎすると、交通費や宿泊代でマイナスが大きくなってしまいそうですが、交通費に関してはお店が支払ってくれるのが一般的ですし、宿泊費用にしても、お店が無料宿泊できる寮を用意してくれている事が多いですから、こちらを利用する事によって自身の負担額を最小にする事ができます。

もし、どうしても良さそうなお店が見つからないなら、こういった手段を検討しておいてもいいでしょう。
皆さんが思っているほど出稼ぎは大変な行為ではありません。

大きくて目立つお店が狙い目

沢山のお客さんが利用しているお店を手っ取り早く探す方法があります。
それは、とにかく建物が大きくて目立っているぽっちゃり店です。
必然的に店舗型という事になるでしょう。
風俗街を歩いていると分かりますが、こういったお店というのは誰にでも見てもらえます。

男性からすれば「一度利用してみようかな?」という気持ちになりますから、その分だけ客入りも期待する事ができる訳です。
小さいお店であれば、そういう具合にはいきません。
目に触れる機会が少なくなってしまいますから、利用してみようという考えにも至りません。

その存在を知っていたとしても、何となく入り辛い雰囲気というのが作られてしまっていますから、お客さんの利用にしても限定したものになってしまいます。
これは、風俗のお店に限らず、どんなお店でも同じ事が言えます。
よく知られているお店で規模が大きいと何となく信頼する事ができますが、その逆のお店は利用を躊躇してしまいがちです。
皆さんが働くなら、比較的交通量が多い交差点の角にあるお店が理想という事になるでしょう。

まずはこういったお店を働き先の候補の1つにしておいてください。
ですが、目に付くお店というのは、その分だけ競争率が高くなってしまいます。
お客さんの利用が多いお店で働きたいと考えているのは皆さんだけではありません。
そのため、面接で落とされてしまう確率はかなり高くなってしまうでしょう。

ここで大切なのは、とにかく自分磨きをしていくという事です。
採否というのは運で決まってしまう訳ではありません。
お店側から評価されるかどうかによって結果が変わってきますから、自分の魅力を向上させていけば、そういった問題もクリアする事ができます。
そんなの無理という気持ちになってしまいがちですが、まだまだ頑張ることはできるでしょう。

男性から好かれるような格好や振る舞いをするようにしてください。
そしてその上で熱意を伝えるようにしましょう。
頑張ろうという気持ちの強い女の子の方が圧倒的に採用される確率が高くなります。
結果がどうなるかについては面接を受けてみない事には分かりませんが、それ自体は費用が掛かる事ではないですから、積極的にトライをしていきましょう。

運良く合格する事ができれば、その後は圧倒的に有利な環境で働き続ける事ができます。
採用されるように、できるだけの努力はしておいてください。

求人に力を入れているお店もオススメ

それ以外に見ておきたいのは求人広告の力の入れ具合です。
これは無料でできるものではありません。
お店の公式ホームページについてはもちろん可能な訳ですが、複数店舗を取り扱う風俗系求人サイトや風俗雑誌に広告を載せる際は、当然ながら広告料を支払わなくてはいけません。
この金額というのは意外と大きいですから、それなりの繁盛店でなければ広告を出すことはできません。

長期に渡って大々的に広告を打ち出しているという事は、それだけお客さんが大勢利用している証明でもあります。
客入りが良いという事になる訳ですから、皆さんに対してもある程度オススメする事ができます。
採用される確率についてもそれなりに高くなるでしょう。
お給料等の待遇にはしっかり目を通しておいてください。

大文字で書かれている部分はお店側に都合の良い内容が強調されている事が多いですから、小さな文字で書いてある部分もしっかり見ておきましょう。
これだけ長期間広告を出しているくらいだから、半年後とか1年後に行動を起こしてもいいのではと考える女の子もいるでしょう。
でも、それは間違いです。
なぜなら、ある程度の数の女の子が集まれば広告の規模も縮小する事になると考えるのが自然だからです。

先程も言いましたが、広告を出すのはそれなりの費用が掛かってしまいます。
ある意味で期間限定ですから、そういった広告を見つけたら、なるべく早く面接の申し込みをした方がいいでしょう。
人間ですから慎重になるのは当たり前です。
ですが、この業界において本人の年齢というのは極めて重要です。

若い方が良いですから、考える時間が長くなり過ぎてしまうのはよくありません。
悩みつつ1年経過してしまったとすれば、その損失額は数百万円とか、それ以上になると言っても過言ではないでしょう。
考える事自体は素晴らしい事ですし否定もしませんが、それと同じくらい実際に行動するという事を心掛けるようにしてください。
一旦どこかのお店に在籍したからといって、そこでずっと頑張らなくてはいけない決まりは無いです。

働き始めた当日に辞めるなんて事もできる訳ですから、その辺りは気楽に考えておきましょう。
何度となくお店を移籍するという女の子も珍しくない業界です。
働き始める事によって理解できる事もありますから、まずは行動してみてください。
考える時間については、いつまでに決めるという制限を決めておいてもいいでしょう。

それに加えて通いやすければ理想

お客さんが大勢来てくれるというのはお店選びの際の大きなポイントですが、それだけで決めてしまうのは感心できません。
重視しておきたいのはお店の通いやすさです。

自宅からできるだけ近い場所だったり、近くは無いけれど電車を使えば比較的短時間で行けるような場所であれば理想的でしょう。
あちらを立てればこちらが立たずという感じになってしまいがちですから、客入りと通いやすさのバランスを上手く取るようにしておいてください。
もし、自分自身の実力に自信があるなら、客入りにはそこまで拘らなくてもいいでしょう。
いくらお客さんの数が多いとは言っても、そのお店に辿り着くまでに1時間とか、それ以上の時間が掛かってしまう様では大変です。

それだけの時間を接客に充てられれば手取りの額も増やす事ができますから、その辺りについてもよく考えておきましょう。
自分自身の性的な魅力がどれぐらいあるかを客観的に把握した上で判断してください。

まとめ

当たり前の話ですが、利用するお客さんの数が多いぽっちゃり店の方が圧倒的に稼ぎやすくなります。
どうすれば客入りの良いお店を探すことができるかですが、分かりやすいのは規模の大きな店舗型のお店です。
大通り沿いにあって大きな看板があるとか、そういった目立つお店は通行する人によく知られていますから、その分だけ利用するお客さんの数も多くなります。
目立たない小さなお店は残念ながらこれとは逆の状態になってしまいやすいです。

これ以外に注目しておきたいのは求人広告を盛んに出している風俗店です。
女の子の人数が足りていないという事は、それだけお客さんの数が多いという事ですから、それを踏まえた上で行動しておいてください。
もちろん、客入りだけで全てが決まってしまう訳ではありません。
週に何日か働くとすれば、通いやすさも重視しておかなくてはいけません。

全体的に見て、働く上でバランスが取れているかどうかを大切にしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました