ぽっちゃり風俗のネット指名・写真指名・パネル指名の違いは何?

テクニック

多くの業界用語が使われているのがぽっちゃり風俗の世界です。
指名の方法にしてもネット指名・写真指名・パネル指名等ありますから、これらの違いについてある程度把握しておいた方がいいでしょう。
意識しなくても仕事をする事はできますが、分かっておいた方が仕事のやりがいも出てきますから、ある程度は憶えておいてください。

微妙に意味が違う物もありますが、その言い方が違うだけで全く同じ意味の物もあります。

ネットを見て遊ぶ女の子を選ぶ

ネット指名はもっとも一般的と言っていい指名の方法になります。

多くの風俗店ではネット上に在籍している女の子の情報を掲載しています。
公式サイトにあるのはもちろんですが、それ以外にも風俗全般の情報を扱っているサイトがありますから、そちらにもほぼ同じ内容が掲載されています。
プレイに必要になる料金や時間の長さ等の情報があるのはもちろんですが、メインになるのはやはり女の子に関する情報という事になるでしょう。
お客さんはそのページを見て、どの女の子にするかを選びます。

形としては電話で連絡をするという事になるでしょう。
ネットの情報を見て女の子を指名した場合ネット指名という扱いになります。
デリヘルの場合は店舗がありませんから、かなりの確率でネット指名です。
店舗型に関しては必ずしもそうではありませんが、やはり最近はネットの影響力が随分増してきています。

掲載情報は大きく2つに分けることができます。
1つは皆さんの姿を映し出した画像で、もう1つはそれ以外の文字情報です。
具体的には身長やスリーサイズ、年齢等といった感じです。
どちらも重要な要素ですけど、どちらかと言えば前者の方がお客さんから注目される傾向があります。

掲載用の写真を撮影する事になりますが、この時にいかに男性客から好かれる写真を選ぶかがポイントになってきます。
これを人任せにしてしまってはいけません。
奇跡の一枚の様な見栄えの良い写真を選択してしまいがちですが、それも行き過ぎてしまうと良くないです。
別人の様に見えてしまっては、お客さんとしてもガッカリしてしまうからです。

実物の形を残しつつ、良さが出ている物を選んでおきましょう。
お店の担当者が沢山の写真の中から勝手に選択するというケースもありますが、皆さん自身が写真選びに参加したいと言えば、撮影した写真の全てを見せてもらう事ができるはずです。
ただし、自分自身が選んだ写真がお客さんから見て良い写真かどうかはかなり微妙です。
人の感性というのはかなりの違いがありますから、お客さんから見て魅力的だと思えない写真を選んでしまう恐れもあります。

自分の意見だけではなくて、カメラマンさんや店員さんの意見にも耳を傾けておくといいでしょう。
そういった意見を取り入れつつ選ぶ様にすれば失敗は少なくなります。
皆さんの顔に相当する写真ですから注意しておきましょう。

店舗型で行われるのが写真指名

続いて写真指名ですが、これは主に店舗型の風俗店で行われる指名の形です。
例外としてはホテヘルがあります。
こちらについては店舗内でプレイが行われる訳ではありませんが、待合室がありますから、そちらで同じような形の指名が行われる事になります。

先程はネット上の画面を見てお客さんが判断をしていましたが、こちらは画面ではなくて実際にプリントされた本物の写真を見るという内容になっています。
どちらも元は同じ画像ですが、これらは別物として扱われるのが一般的です。
ネット上に掲載されている写真を見て指名したからといって、写真指名として扱われたりはしないという訳です。
ただ、こういった言葉というのはしっかりと定義されている訳ではなくて、個人によって使用する際の意味合いが違うという事がよくあります。

ですから、会話の中でそういった言葉が使われている場合は、どんな意味で使っているか間違えてしまわない様にしてください。
皆さんが気をつけておきたい事として、記入するメッセージの内容が挙げられます。
プリントをした写真の裏面や貼り付けた紙の端の方に、お客さん宛てのメッセージを書く欄が用意されている事が多いです。
こちらに名前やスリーサイズ等を書き込むことになる訳ですが、お客さんにとって貴重な情報元になりますから、しっかり活かしていくようにしましょう。

自分自身をアピールする場ですから、遠慮してしまうのはよくありません。
ネット上にも自分自身をアピールする欄は存在していますが、それとの決定的な違いは直筆であるかどうかという事でしょう。
字体(フォント)というのは、意外なほど無視をする事ができないポイントです。
できれば女の子らしい丸っこい文字を書いておきたい所です。

昔から女の子はそういった文字の書き方をしている事が多いですが、もし苦手なら、このためだけに練習をしておいてもいいでしょう。
たかが文字と侮ってしまってはいけません。
不思議な物で、文字にはその人の人柄が滲み出てきます。
ゆっくりでも構わないですから丁寧に書いておく様にしてください。

雑に書いてしまえば、お客さんにそういう女の子だと思われてしまう可能性が高くなってしまいます。
色合いについても様々なペンを使ってカラフルに仕上げる様にしましょう。
他の女の子よりも派手に目立つようにしても構いません。
ちょっとした工夫でも、お客さんの目を惹きつけるという事は十分に可能です。

パネル指名は言葉が違うだけ

残されたパネル指名ですが、これは先程の写真指名と全く同じと解釈して頂いて結構です。
写真をプリントして使うとは言っても、実際は薄いプラスチック素材でできた板状の物で挟んでいる事が多いですからパネルという響きの方が呼び方として適しているという見方もできます。

単に写真をプリントしたものだと薄くてペラペラしていて、お客さんが見る時に支障が生じてしまいやすいです。
それを補強するために、そういった事が行われている訳です。
触り心地としては下敷きの様な物と考えてくださって結構です。
皆さんも学校に通っていた時に使用した事があるのではないでしょうか?

そういった物の中に写真が挟まれています。
どんな物なのか気になる場合は面接の際に見せてもらってもいいでしょう。
こういう感じの仕上がりになるんだ…という感じで参考になるはずです。
その時点で在籍した時にどんなメッセージを書くか決めておいてもいいでしょう。

ネット上に掲載される画像というのは誰でも簡単に見ることができますから、その分だけ顔バレもしやすくなってしまいます。
それと比較すると、こういったパネル指名は実店舗で行いますから、顔バレリスクが大幅に下がることになります。
ですから、こちらでは顔にモザイクを掛けないという対応も可能になってきます。
それなりに可愛いという自負があるなら、顔出しの状態でパネルを紹介してもらってもいいでしょう。

お客さん視点で物事を考えるのはとても大切です。
男性がぽっちゃりの女の子を選ぶにしても、顔が分かっているのといないのとでは気分的に全く違ったものになります。
当然ながら、安心して選択する事ができるのは顔出しをしているパネルになるでしょう。
他の女の子が警戒してモザイクを掛けているなら、そこであえて顔出しをするという事も考えておきたいです。

多少のリスクは覚悟の上で積極的になるという事も大切になってきます。
もし、出来上がったパネルに対して不満があるなら、別の写真に変えてもらう事もできます。
撮影した際のデータについてですが、一定期間はお店側が保管している事が多いですから、別の物に差し替えをするという事が可能です。
お客さんが皆さんの姿を直接見て選ぶという事は基本的にありません。

だからこそパネルには拘りを持っておきましょう。
適当に選んでしまってはいけません。
これによって指名本数が大きく変わってきます。

タブレットを使うお店も増えている

最近の傾向として、実際の店舗でプリントした写真を使わないという所が増えてきています。
その代わりに何をしているかですが、いわゆるタブレットの画面に女の子を表示して、そこから選んでもらう形になっています。
その場合、タブレット指名という呼び方をされるかどうかですが、基本的にそういった事はありません。

これも写真指名、またはパネル指名という扱いになります。
プリントした写真を使わないというのは疑問ですが、かなり稀な事例としてパネルが盗まれてしまうという事がありますから、その対策がまず1つ。
もう1つは画像そのものが光っているため、女の子の肌が美しく見せられるからという理由もあります。
ただ、この場合は直筆メッセージ欄がない事が多いですから、一長一短になるでしょう。

どの様な指名の形になっているかは一般的には公開されていない情報ですから、それを重視するならSNS等を利用して質問しておいてください。

まとめ

様々な形で行われるぽっちゃり店の指名ですが、もっともポピュラーと言えるのがネット指名です。

インターネットに掲載されている情報を見て、お店に電話を入れて指名をするという感じになっています。
写真指名は店舗型で行われる指名の形で、実際に写真を印刷して、それをお客さんが見て選びます。
昔から行われている歴史あるやり方という見方もできるでしょう。
ネット指名が普及する以前は、これが一般的な風俗の指名スタイルでした。

パネル指名は言い回しが異なっているだけで、内容的には写真指名と変わりがありません。
直筆メッセージを書き込める欄が用意されている事が多いので、そちらに可愛らしい文字を書いて、お客さんに対してアピールしておいてください。
最近は本物の写真ではなくて、タブレットに画像を表示させる実店舗のお店も増えてきています。
店舗型か無店舗型かで大まかな傾向は分かりますが、細かい点について知りたいならお店に問い合わせをしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました