ぽっちゃり店の採用・不採用の基準を理解しておきましょう

面接

ぽっちゃり店で採用される女の子の基準を知っておけば、安心した状態で面接を受ける事ができるでしょう。
不採用になってしまう女の子にはどういった特徴があるのか理解していれば、その状態を避けるという事も可能になります。
ぶっつけ本番ではなくて、予めの対策が可能ですから、やれるだけの事はやっておきましょう。

とは言えハードルは決して高くないです。
皆さんも気を楽にして読み進めてください。

性別が女性で30代までが基本

どんな女の子ならこういったぽっちゃり店で働けるかという基準ですが、まず性別が女性でなくてはいけません。
これはさすがに皆さんも条件を満たしているでしょう。
ニューハーフの男性だったとしても、それなりにキレイならどうにかなりそうな気もしますが、さすがにそんな事はありません。
これまで男性から性的な対象として見られたことが殆どなかったとしても、性別が女性ならそれだけで採用に近づいていると言えます。

もう一つのポイントは年齢で、30代までが採用候補になります。
こちらにしても一般的なぽっちゃり店の場合で、熟女系ぽっちゃり店なら、その採用年齢は大幅に上昇していくことになります。
どこまでなら大丈夫かについては、お店側次第という事になるでしょう。
大まかな目安として50代くらいまでは採用されやすいと考えてください。

それ以上になると不採用率が高まりますが、皆さんの熱意が伝われば結果が変わる事も十分に考えられます。
基本的にこの2点さえクリアしていれば9割がた採用という形になるでしょう。
こういったぽっちゃり系のお店は多いですから、皆さんとしても選びがいがあります。
それぞれのお店には個性があって、それによってプレイの内容も大幅に変わってきますから、自分と相性が合いそうなお店を選ばなくてはいけません。

この選択で間違えてしまえば、採用されたとしても、かなり早い段階でお店を辞めてしまう事になってしまいます。
働き始めるハードルが低いこと自体は素晴らしいですが、そこから継続できるかどうかに関しては女の子次第になってしまいます。
接客の仕事というのは人間が相手ですから、どうしても上手く行かない事があります。
そういった事とどう上手く折り合いを付けていくかがポイントになってくるでしょう。

人付き合いに慣れている女の子にとっては楽な商売ですから、どれぐらい仕事に適しているかを判断するために試しに働いてみる事をお勧めします。
試しに働く事ができる体験入店をしてみましょう。
想像していた事と現実とのギャップに驚かされる事になるはずです。
ですが、それも貴重な経験になります。

1人の接客を終える度に明らかに成長しているという事を実感できるでしょう。
生まれもっての才能が大切なのはもちろんですけど、継続して働き続ける事によって誰でも適応力が高まっていきます。
早い段階で諦めずに、とりあえず働き続けるだけでも結果は変わってきます。

大きな怪我や病気だと不採用

極めて高い確率で採用される事になるぽっちゃり店ですが、全ての女の子が例外なく採用される訳ではありません。
どういった女の子が採用されないかですが、大きな怪我をしているとか、病気を負っているとさすがに厳しくなってしまいます。
具体的に言えば、自力で歩くことができないとか、物を掴むことができないといった感じです。

また、会話による意思疎通ができない場合も採用見送るという形にならざるを得ません。
ブスでも採用される事になるぽっちゃり風俗ですが、さすがに病的になってしまうといけません。
ですから、自分が大丈夫そうかどうかという事もある程度は事前に把握する事ができるでしょう。
もし、自身が微妙なラインに位置している場合は、ダメで元々の精神で面接を受けてみてもいいでしょう。

余計な手間をお店側に掛けさせてしまってはいけませんから、自分自身の状態を予めサイト経由で伝えておく事をお勧めします。
それを見た店舗の担当者が返信をしてくれます。
その内容によっては面接をする前の段階でお断りになってしまう場合もありますが、そうではなく「一度お店まで来てください」なんて事を言われる場合もあります。
悲観的になってしまってもメリットはありませんから、とりあえず連絡くらいは取っておいてください。

日常生活を送る上で少し困ってしまうという程度であれば、お店側としても受け入れてくれる可能性はそれなりに高いです。
どこかのお店に断られてしまっても、それで諦めてしまうのは早過ぎです。
開業している性風俗店というのは、とんでもない数になっていますから、別のお店の面接にトライする事が可能です。
自分でも正直厳しいと感じていても、そういった事を繰り返していれば、どこかで採用されるなんて事もあるでしょう。

ジャンルで言うと特にデリヘルの店舗数が多いですから、そちらの方で合格を目指すのが確率的に最も高くなります。
その他のパターンとして、いわゆる障害を抱えている女性が働く事ができる専門の風俗店がありますから、そちらの方で頑張ってみるという選択肢もあります。
ただ、お店の数自体が少ないですから、皆さんの自宅から通える範囲内で見つけられるかどうかはかなり微妙な所です。
様々なジャンルのお店があるというのは皆さんにとって大きなメリットですから、どういったお店なのかサイトの情報を確認しておいてもいいでしょう。

意外と優しい人が多い風俗業界

見ず知らずの人に対して抱く印象は人によって違いますが、多くの人にとって風俗業界というのは親しみを感じにくいです。
自分が応募しても、良い評価を得ることは無いだろうとネガティブになってしまうのも仕方がないです。

また、お客さんにしても冷たい人が多いのではという気持ちになってしまいがちです。
確かに、そういった人たちがいるというのは間違いではありませんが、その一方で皆さんが想像する以上に優しい人たちもいます。
ですから、時間は掛かるかも知れませんが、継続して努力をする事によって、どこかのお店に採用される確率はかなり高いです。
お客さんにしても、どちらがおもてなしをする側なのか分からないほど優しくしてくれる人がいます。

これは実際に行動しなければ理解する事ができない現実の1つです。
世の中捨てたもんじゃないと感じられますから、皆さんも積極的に行動しておきましょう。
不採用が続くという事は、見方を変えれば採用が近づいているとも言えます。

まとめ

いくら見た目が美しかったとしても、性別が男性であればぽっちゃり店で働く事はできません。
それとは逆に容姿的には問題を抱えていても、女性であれば相当な確率で採用されます。
年齢については30代までという事になるでしょう。

ただし、これは一般的なぽっちゃり店の場合で、熟女系のお店ならその上限は更に高くなっていきます。
50代くらいは当たり前ですし、60代で働くなんて事もお店の方針によっては十分に可能です。
その様な中で不採用になってしまう女の子ですが、心身にかなり大きな問題を抱えている場合は難しくなってしまいます。
例えば、腕を曲げることができないとか、歩くのに時間が掛かるといった具合です。

それ以外に精神的な病気を患っている場合も厳しいでしょう。
ただ、それも程度問題ですから、お店によっては採用される事もあります。
この業界は優しい人たちが多いですから、あまりネガティブにならない様にしましょう。
不採用が続いても諦めなければ在籍はできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました