体型がぽっちゃりだと保証の額も少なくなってしまいますか?

体験入店

その日の接客人数が少なかったとしても、一定のお給料を保証するという仕組みの風俗店が存在しています。
それ自体はメリットですが、自身の体型がぽっちゃりしている場合は、やはり金額が少なくなるのでしょうか?
そうだとすれば、あまり期待する事ができないという事になってしまいます。

メインになるお給料に比べると軽視されてしまいがちですが、こちらについてもある程度の傾向を把握しておきましょう。
そうする事によって働く際の参考になります。

ぽっちゃり具合によっては少なくなる

ぽっちゃりの場合、保証の金額が少なくなるかどうかですけど、ぽっちゃり具合がどの程度かによって大きく変わってきます。
体重が50キロのぽっちゃりと80キロのぽっちゃりでは全く別の結果になるというのは簡単に想像する事ができるでしょう。
前者の場合であれば特別少なくなるという事は無いですが、後者であれば保証そのものが無しになるという事も十分に考えられる所です。
太っているというのは、この業界においては不利に働きます。

デブ専風俗店があるくらいだから、そういった事は無いのではと考える方もいるでしょうけど、やはり、全体的な重要というのはそこまで多くありません。
あくまでもマニアックな市場ですし、そういった体型の女の子も特別少ないという訳ではないですから、手取りも少なめに設定されています。
そうなれば保証についても、それ相応になってしまうでしょう。
条件を良くしていきたいなら、スタイルを改善していかなくてはいけません。

体重80キロの状態から50キロにまで落とすのは非現実的に感じられますが、実際にやってみたらどうにかなったというケースも多いです。
やるべき事はとても簡単で、食事制限をするだけです。
それまで沢山食べる事に慣れていますから、最初の段階ではどうしても空腹感に襲われてしまいますが、続ける事によって、その少ない分量が当たり前になってきます。
続ける事によって慣れますから、足りないと感じる事も次第になくなっていきます。

ここで気を付けておいた方がいいのは急激過ぎる体重の減少です。
太っている女の子がこれをやってしまうと、皮が余った状態になってしまいます。
いくら体重を減らすことができたとしても、皮が垂れてしまっては見栄えがよくありません。
単順に体重を減らせばいいという考え方をしない様にしましょう。

段階的にダイエットするという事が大切です。
ひと月に1キロとか、それぐらいのペースで体重を落としていくようにしてください。
そうする事によって、他の女の子と大差の無いスタイルに近づけていく事ができます。
平均的な体重になったなら、もうデブ専風俗にこだわる必要もないでしょう。

一般的な風俗店の在籍を目指していただきたい所です。
当然ながら保証額もそれに見合ったものになります。
ただ、お店によって保証の金額には多い少ないがありますから、求人に申し込みをする段階で問い合わせ等してください。
予め確認をしておけば面倒な思いをせずに済みます。

特別に多い保証額とは言えない

これは激安店から高級店まで当てはまることですが、こういった保証で得ることができる金額というのは、それ程多い訳ではありません。
中級店であれば1日で2万円とか3万円といった所です。

その金額だけを聞けば多く感じられるでしょう。
一般的なバイトでこれだけの金額を稼ぐというのは不可能に近いからです。
ですが、皆さんのいる風俗業界というのは相場が違います。
この程度なら普通に働けば当たり前の様に稼ぐ事ができる金額です。

なので、保証に期待し過ぎるのは良い考え方とは言えません。
運悪くお客さんが全く指名してくれなかった時の救済制度程度に考えておくといいでしょう。
1年間働いたとしても、保証が貰える日は本当に限定されてきます。
場合によっては一度も貰えなかったなんて事も十分にあり得ます。

それぐらい条件的にはあり得ない確率ですから、存在しているけれど、実質的には意味がない制度という見方すらできます。
保証の金額と、貰うための条件がどの様になっているかはお店によって違っていますから、それをしっかり理解しておかないといけません。
保証します!」という部分にばかり注目して、その内容がどの様になっているかを軽視している女の子が多いです。
これこそが店側の狙いと言えばそれまでですが、やはりこういった細かいポイントを見逃さない様にしてください。

お金に関わることですから、何となくという程度の理解では困ります。
風俗店で働くというと、そのお店の従業員になるイメージがありますが、法的には個人事業主で従業員という立場ではありません。
そのため、労働面における待遇が不十分になっている事があります。
だからこそ自分で確認する癖をつけておいてください。

お店で働くにあたって、どの様な待遇になるかを知っておきましょう。
できれば証拠になる契約書であるとか、音声データなど残しておく様にしてください。
お金に関係する揉め事が話し合いで解決できなかった場合は民事裁判で決着をつけるという事になります。
裁判では本人の証言よりも客観的な証拠の方が優先されます。

だからこそ、できるだけ証拠になりそうな物は残しておいてください。
自分の身を守るための努力を惜しんでしまってはいけません。
もっとも、誠実に対応してくれるお店が大半ですから、そこまでのトラブルに至ってしまう事例というのは少ないです。

未払いなら少額訴訟制度を利用する

保証額を受け取れる条件を満たしているにも関わらず、お店側が支払いに応じなかった場合ですが、裁判を起こすことによってお金を受け取れる可能性が高いです。
裁判と一口に言っても様々な種類がありますが、皆さんにオススメしたいのは少額訴訟という制度です。
よくテレビで放送される法廷ではなく、それとは別の裁判所の部屋の中で、円卓を囲んで話し合って勝ち負けを争う事になります。

即日で結果が出ますから、無駄に時間を使う事もありません。
この少額訴訟では、60万円以下の金額の揉め事について話し合いをする事ができます。
ですから、この金額を上回っている場合は別の裁判を行わなくてはいけないという事になるでしょう。
ただ、保証額が60万円を上回るという可能性は低いですから、多くの場合、この制度を利用しておけばいいという事になります。

ここで大切なのは。
やはり証拠です。
先程も言いましたが、これがなければ裁判で皆さん側の訴えが認められる可能性は低いです。
判決が出れば、お店側からその金額が支払われる形になるでしょう。

ただ、この様になってしまうとお互いの関係が拗れてしまうというマイナス面が生じてしまいます。
この様な事態を避けるためにも、できるだけ裁判ではない話し合いで解決しておきたい所です。
それなりの証拠を持っているという事を伝えて、裁判をちらつかせればお店側としても仕方ないという事で、その金額を支払わざるを得なくなるでしょう。
風俗店で働いていれば相当な金額を稼ぐ事ができますから、良くも悪くもお金に対する執着度が低くなりがちです。

それはある意味では良い面ですが、やはりお金についてはキッチリしておくという事が大切になってきます。
たった2万とか3万と考えずに、しっかりお店側に請求する様にしてください。
言えば貰える可能性が高い訳ですから、言っておいて損は無いでしょう。
黙っていれば、お店側がその金額を丸ごと頂く事になります。

裁判というと何となくドラマの中で行われる遠い世界の話の様に感じられますが、実際はかなり身近ですから、困った時の選択肢として憶えておいた方がいいでしょう。
こういった事も簡単にネットで調べることができる様になっています。
風俗の仕事を辞めた後も、お金との関わりは当分続くでしょうから、こういった事に詳しくなっておくというのがオススメです。
法律に詳しい人たちが得をするのが日本の特徴といっても間違いではないでしょう。

月曜日は割と保証されやすい

めったに保証額を受け取れないというのが実態ですが、その様な中でも比較的保証の確立が高くなる日があります。
曜日で言うと月曜日がそれに当てはまります。

お客さんが少なければ少ないほど保証の対象になりますから、この曜日になる訳です。
風俗店でお客さんが多くなるのは、やはり金曜日から日曜日にかけてです。
この日に出勤をするとお客さんが沢山やって来ますから、保証に期待しても殆んど意味がないという事になってしまいます。
全ての人が会社勤めをしている訳ではないですが、一般的に月曜日は休日明けの出勤日になっている事が多いです。

ゆっくりしている時間的な余裕も少ないため、翌日に備えて風俗遊びを控える人が多くなります。
そのため、皆さんが十分な人数の接客をこなす事ができなくなる可能性が高くなります。
もし、どうしても保証の対象になりたいなら、月曜日を狙って出勤しておいてもいいでしょう。
僅かですが、その確率が高まることになります。

火曜日から木曜日についても同じ事が言えますが、月曜日の慌ただしさに比べれば幾らか落ち着くため、お客さんも少しずつ増えていきます。
これ以外にお客さんが少なくなる日として、年末年始の様な長期休暇が挙げられます。
こういった日は実家に帰省したり旅行する人達が多くなるため、風俗街もどうしても閑散としてしまいがちです。
皆さん自身も予定があるという方が多いでしょうけど、保証という観点で見てみると狙い目です。

ただし、出勤してしまえば当然ながら、自分自身は自由に時間を使う事ができなくなります。
お客さんが少なくて、保証金額にしても多くないなら、思い切って休日にしてしまうという考え方もあるでしょう。
お金を稼ぐために働いている訳ですから、どうしても休むことに対する抵抗感が強くなってしまっている女の子が多いです。
休日については適度に入れておいた方が良いでしょう。

そうする事によって長期で働きやすくなります。
お店やラブホテルの中で缶詰状態で働いている女の子もいます。
でも、それだとどうしてもストレスが溜まってしまって良くありません。
息抜きを兼ねて、適当なタイミングで休みを入れておきましょう。

世間の人達が休みの時ぐらい、休日にしておいても良いのではないでしょうか?
最大限の効率を求める気持ちは理解できます。
ただ、余りにも働き詰めになってしまってはいけません。
丁度いいバランスというのを見極めるようにしましょう。

保証に期待しないくらいで丁度いい

働かずにお金を貰うことができれば最高ですが、そんなに上手い話はありません。
ですから、あまり期待し過ぎない様にする事が肝心です。

お客さんが指名しない状態が続くと保証対象になる訳ですが、これは本来良い状態とは言えません。
沢山のお客さんに指名された方が効率的に稼げる訳ですから、保証を貰っていない女の子の方がトータルでの稼ぎは圧倒的に多くなります。
保証制度そのものの存在を忘れてしまうぐらいで丁度いいでしょう。
下手に意識してしまう事によって、お金を貰えなかった時のガッカリ感が大きくなってしまいます。

でも、最初から貰えないものだと思っていれば、残念な気持ちになる事もありません。
ラッキーに期待する様では風俗嬢として成功は望めないでしょう。
自分の実力を高めていくという事がとても大切になります。
人並み程度の努力ができるなら、保証金額以上に稼げる様になります。

できるだけ早く、その段階を目指すようにしてください。

まとめ

多ければ多いほど有り難いのが風俗店の保証ですが、ぽっちゃり体型だと、その金額も少なくなってしまいがちです。

お店にとって、女の子の価値と保証額は比例している関係になります。
ただ、保証そのものはそれほど高額という訳ではありません。
もし、受け取れる条件を満たしているにも関わらず、お店側からの支払いが確認できなかったら、裁判に訴えるという事も検討しておくべきでしょう。
少額訴訟制度がありますから、費用もそれ程掛かりません。

もし、どうしても保証対象になりたいと考えるなら、働く曜日に拘っておきたい所です。
特に月曜日はオススメする事ができます。
週末はお客さんが殺到する風俗店ですが、休日明けの月曜日は少なくなる事が多いです。
ただし、受け取れる金額は普通に働いた時と比較して少なめですから、あまり期待しない方がいいでしょう。

無いよりはあった方がいいという程度の制度ですから、実力を伸ばして稼ぐ方が遥かに効率的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました