ぽっちゃり嬢の安易なNSの解禁はオススメできません

お悩み系

NSの状態で接客すれば、それだけで1つのウリになります。
ぽっちゃり嬢にとっても有望な選択肢の1つですけど、いい事ばかりではありません。
それに伴うデメリットも少なくないですから、そういった事についても理解しておかなくてはいけません。

自分自身の身体を大切にしていくようにしましょう。
お金だけ稼げればいいという訳ではないです。
何年か働いて、お店を卒業した時に後悔する事がないように、よく考えておく必要があります。

妊娠してしまう危険性が高くなる

NSという言葉はソープで働く女の子にとって無視する事ができません。
特にぽっちゃりの女の子の場合はそうなってしまうでしょう。
コンドームが無い方が、お客さんは気持ち良くなります。

ですから、NSを解禁する事によって指名されやすくなるのは間違いないです。
それ自体は大きなメリットですけど、やはり無視する事ができないのはマイナス面です。
その代表的な物の1つに妊娠があります。
そうなってしまえば今後の勤務に悪影響を及ぼす事になります。

コンドームを使用しないというだけで、射精自体は膣外にするので安全ではないかと考える方もいますが、基本的にNSと中出しはセットになっています。
純粋な意味でNSだけになる可能性は極めて低いです。
お客さんとしても、それは受け入れ難いでしょう。
ですから、NSでプレイするという事は、同時に中出しされるという認識をしておくべきです。

もし、中出しされなかったとしても多少は漏れますから、同様のリスクが存在している事に変わりありません。
これに対して女の子サイドができる唯一と言ってもいい対策の1つとして、ピルの服用があります。
NSでプレイする女の子はもちろんですが、S着であったとしても念のために飲んでいるというケースが多いです。
NSであればピルの使用は絶対という事になるでしょう。

もし、これを使わなかった場合ですが、遅かれ早かれ妊娠する事になります。
年齢的に若い女の子であれば妊娠率も高いですから、かなり早い段階でという事も考えられるでしょう。
そうなれば中絶を考えなくてはいけなくなってしまいます。
妊娠初期であれば比較的対処しやすいですが、その場合であったとしても精神的な負担というのは計り知れないものがあります。

前もって妊娠を防ぐという事が基本になってくるでしょう。
ピルの飲み忘れにはくれぐれも注意してください。
ピルの入手には処方せんが必要ですから、前もって病院やクリニックに行かなくてはいけません。
この手間を省いて入手する事は残念ながらできません。

ピルが欲しいと言っても、それだけで風俗店で働いていると思われる訳ではありません。
様々な事情があってピルが欲しいという人は沢山います。
ですから、皆さんも恥ずかしがったりせずに病院等に行くようにしてください。
そうすればピルを手に入れることができます。

飲んだかどうかのチェックを欠かさない様にしましょう。
1日でも飲み忘れてしまうと十分な効果を発揮する事ができません。
最悪の事態を防ぐためにも気を付けておいてください。

出産する選択肢もなくはない

割合としては少ないですが、風俗店で働いている女の子がお客さんの子供を妊娠するという事もあります。
そうなった場合ですが、多くは中絶する事になります。
今後の生活を考えれば妥当な選択といった所ですが、全員がそうする訳でもないです。

女の子によっては、そのまま出産をするという事もあります。
かなりレアケースですが、そういった人たちもいるという事くらいは知っておいてもいいでしょう。
売春をしてお金を稼ぐ人たちは大昔から存在していました。
当時から妊娠は大きな問題になっていて、それを防ぐための手段もありました。

ただ、コンドームの様な素材の物があった訳ではありませんし、当然ながらピルもありませんでした。
そのため、妊娠するという事は特別珍しくなかったです。
そういった商売をしていれば、その様になるのは当たり前という感じです。
ほぼ確実な避妊方法が確立されたのは、ここ数十年の話でしかありません。

その様な状況で妊娠してしまった場合ですが、本人の価値観によっては子供を産むという事もあり得ます。
やはり、中絶というのは気分的に良いものではありません。
これは検索をして調べて頂くことによって直ぐに理解ができるでしょう。
わざと流産させる薬を飲んだり、或いは手術を行うことになる訳ですが、胎児の形は既に出来上がっていますから、倫理的な意味で強い抵抗感を抱く方も少なくはありません。

自身との関係があまりないお客さんであったとしても、やはり大切な子供ですから、生んで育てて行こうという発想もまた自然な流れでしょう。
その場合ですが、多くはシングルマザーとして子育てをしていく形になります。
旦那さんが誰なのかについてはDNA鑑定を行うことによって調べられますが、一度きりのお客さんという事も多いですから、確実に誰の子供なのかを調べるのは簡単ではありません。
継続してソープで働くなら収入面について何の心配もありません。

子供がいたとしても働く事ができるのはこういった業界の利点でしょう。
子供を育てるという事自体は負担ですが、少なくとも収入面については心配無用ですから、この点は心強いです。
最初の段階で妊娠しない様にするのが基本ですが、万が一の事態になってしまった場合にどうするかは、ある程度考えておいた方がいいでしょう。

S着にすればまず妊娠しません

自身がピルを飲むだけではなくて、コンドームをお客さんに着けてもらう様にすれば安全度は飛躍的に高まります。
ただ、そうなるとどうしても感度が鈍ってしまいます。
NSで接客をしていた時よりも指名数が落ち込んでしまうのは仕方がないでしょう。

何かを得れば何かを失うのが世の中の常ですから、それは理解してください。
これによって性病になったり、妊娠してしまう心配はほぼなくなりますから、安心して接客をする事ができるでしょう。
コンドーム装着のマイナスを少しでも緩和するためにやれる事があります。
それは、できる限り薄いコンドームを用意しておくというものです。

0.03ミリ位が平均的な厚みになっていますが、基本的な考え方として薄い物の方が感度が高くなります。
最も薄くて0.01ミリの物がありますから、こちらを用意しておくといいでしょう。
お客さんに持参してもらうというのは感心できません。
なぜなら、穴が開いている心配があるからです。

コンドームの性質上、穴が開いてしまっていると何の意味もありません。
かと言って、お客さんから手渡された物をジロジロ見るというのも失礼になってしまいます。
ですから、自分で用意してください。
こちらに関しては自費で購入しておく形になります。

高価な物であれば躊躇してしまうでしょうけど、コンドームの使用頻度等を考慮すると、そこまでの負担にはなりません。
これぐらいの金額であれば自腹で支払うようにしてください。
ちなみに、こういった薄い物ではなくて極厚を売りにしたコンドームも存在しています。
こちらは0.1ミリ程度ですから、先程の物よりも10倍程度の厚みがある事になります。

それでも1ミリの10分の1ですから、それなりの薄さはあります。
こういった物は感度が劣りますから、早漏のお客さんが装着するのに向いています。
イクまでの時間が短か過ぎて困っているなんてお客さんがいれば、こういった物を勧めておいてもいいでしょう。
大切なのは、ほんの少しでもお客さんのために気を使うという事です。

一見すると似たり寄ったりで、違いがあるのかどうかも分からないコンドームですが、厚みという部分だけを見ても、これだけの違いが存在しています。
厚みだけではなくて大きさそのものも違いがありますから、こちらも複数用意しておいてください。
Sサイズが最も小さくて、XLサイズまであります。
漏れを防ぐためにも、適したサイズの物を使ってもらう様にしてください。

ソープ以外の風俗なら更に安全になる

どんな形でも挿入行為が行われるのがソープです。
ですから、多少は妊娠リスクが生じてしまいます。

これを根本的に防ぎたいなら、ソープ以外の風俗で働いた方がいいでしょう。
そちらであれば挿入行為そのものが全く行われませんから、妊娠のリスクは限りなくゼロになります。
ジャンルとしてはデリヘル、ピンサロ、セクキャバ、性感エステといった感じです。
何れであったとしても挿入されるという事はありません。

ただし、ソープと比較すると若干得られる手取りが少なくなります。
その分だけ安全になりますから、それは許容せざるを得ないでしょう。
安全で安心で、尚且つ大金を得たいというのは誰もが考えることですが、あれもこれもと欲張りになってしまってはいけません。
ジャンルによって違いがありますから、自分の場合ならどうするかという事を考えておく様にしてください。

お金と安全のどちらを優先するかは人によって変わってきます。
安全性では明らかにソープ以外の風俗の方が勝っていますから、とりあえずはその中から良さそうなジャンルを選択しておいてもいいでしょう。
少なく思える手取りだったとしても、実際に手にしてみると意外と満足できる額だったなんて事もあります。
もし、そちらで一定の額稼げると判断できれば、無理をしてソープで働かなくてもいいでしょう。

頭の中でシミュレーションばかりしている女の子もいますが、実際に働く事によって仕事への理解度は高まります。
余程急いで大金を得なくてはいけないならともかく、そこまで焦っていないなら、いくつかの風俗のジャンルで働いてみてもいいでしょう。
それぞれ似ている様で、かなりの違いがあります。
全裸になる物もあれば、服を着たままで接客をする物もあります。

単純にお金だけで判断してしまうのはよくありません。
自分にとって負担が少ない働き方を選ぶ様にするといいでしょう。
風俗の仕事は、そのキツさに耐えかねて辞めてしまう女の子が多いです。
1日当たりの得られる金額が多かったとしても、続けられなければ大金を稼ぐ事はできなくなってしまいます。

どれぐらいの期間頑張っていけそうかという事も、働く際には重視しておく様にしましょう。
ハンドサービスのみのお店も存在しています。
確かにソープに比べると客単価は少なくなってしまいますが、体への負担は最小で済みますから、こういったお店も働き先の候補の中に入れておくといいでしょう。

焦らずにじっくり考えてみる

余程の事情があって、今直ぐにお金を稼がなくてはいけないという人もいるかも知れませんけど、全体的に見ると、そこまで追い詰められているケースは稀でしょう。
幾らかの時間的猶予がある女の子の方が多い訳です。
だとしたら、それをできるだけ活かすようにしましょう。

直ぐに結論を出すのではなくて、どういったお店で働くのが最善の選択になるかを前もって考えておいてください。
そうする事によって、より良い結論を導き出すことができます。
比較的移籍しやすいのが風俗業界ですから、とりあえずどこかで働くという考え方もあります。
ですが、移籍の度に面接を受けなくてはいけないですから、幾らかの手間は掛かってしまいます。

最初の段階でベストに近い選択をする事ができれば、面倒な移籍をする事なくお金を稼ぐ事ができます。
いつまでも考え続ける訳にはいきませんが、しばらくは時間を取っておきたい所です。
風俗嬢として成功するかどうかに大きく関わってきます。

まとめ

売れっ子の女の子ならS着でも指名は殺到しますが、ぽっちゃりならそうはいきません。
そこでNSを解禁するという選択肢が出てきます。
ただし、これによって妊娠のリスクが大幅に高まってしまいます。

ピルを飲んでおけばかなり安全ですが、絶対に妊娠しない訳ではありません。
もし万が一の事態になった場合は中絶をするケースが多くなっていますが、それに抵抗がある場合は出産するという選択肢もあります。
安全を優先してS着で頑張るという働き方もあります。
この場合はコンドームの薄さに拘っておきましょう。

お客さんには薄い方が好まれる傾向があります。
それでもまだ不安なら、ソープではない風俗で働く事を検討しておくべきでしょう。
服を脱がない、或いはトップレスで接客できる仕事もあります。
時間的に余裕があるなら、じっくり考えておいてください。

急いで結論を出すと、結果的に失敗しやすくなってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました